ソニー MDR-7506ヘッドフォンレビュー、人気過ぎて偽物も登場、これぞ至高の逸品

今回は、音楽を聴くだけでなく、ボカロPのように自分で曲を制作して、沢山の人に聞いてもらいたい!なんていう人におススメしたい、「ソニー MDR-7506ヘッドフォン」の紹介です。人気のあまり偽物も多く出回っているようです、購入の際には気を付けたいところです。

ソニー(SONY)
¥10,400 (2022/05/18 18:00時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
目次

コスパに優れた「青帯」ソニー MDR-7506ヘッドフォン  

昨今では、電車でも、街角でも、コーヒーショップでも、音楽を聴くときはワイヤレスイヤホンが定番ですね。私も、ワイヤレスイヤホンをいくつも所有しています。鬱陶しいコードも無いですし、イヤホンなのでヘアスタイルも崩れません。

ですが、CDサウンドのように高音質で、高音から低音までのバランスが良く、長時間着けていても疲れない。それは、やっぱりヘッドフォンには敵いません。

とはいえ、高級オーディオマニアたちが絶賛するような、数十万円の高価ヘッドフォンのご紹介ではありません。コストパフォーマンスに優れ、海外の有名スタジオミュージシャンたちも愛用しており、日本でも手軽に入手できるヘッドフォンです。

その名は、「SONY ( ソニー ) の MDR-7506」です!

日本では、「青帯」と呼ばれ、音楽業界では言わずと知れた超名品です。

青帯 「SONY ( ソニー ) の MDR-7506」赤帯 「SONYのMDR-CD900ST」 の違い 

実は、日本の音楽スタジオでは、この青帯と対をなす、「赤帯」と呼ばれるヘッドフォン「SONYのMDR-CD900ST」が一般的です。みなさんも、テレビやyoutubeなどで、ミュージシャンが赤いラベルの付いたヘッドフォンを付けてパフォーマンスしているのを、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。最近の有名人気チャンネルでいうと、THE FIRST TAKEでアーティストたちが着けているヘッドフォン、それがこの900ST、赤帯です。

ソニー(SONY)
¥12,100 (2022/05/18 17:59時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場

見た目と機能面での違い

赤帯と青帯の違いは、見た目的には、赤帯がストレートコードで青帯がカールコード、そのぐらいです。機能としては、青帯が折り畳み式になっていて持ち運びが便利、携帯型音楽プレイヤーやパソコンにすぐに繋げて聴けるように、ミニステレオ端子が付いているといった、一貫したコンセプトがあります。

性能面での違い

性能面で比べますと、赤帯の方が、ダイナミックレンジ(再生で再現できる音域の幅)が少し広く作られています。一般的な聴感的特徴として、きらびやかな高音域と高密度の中音域が評価されています。そのことから、プレイヤーが自分の演奏したサウンドをモニターしたり、ミストーンやノイズを聞き取ったりする際に、その性能を発揮します。

ここまで、赤帯を褒めちぎっておりますが、、、笑

対して青帯は、赤帯よりもほんの少しだけ狭いものの、それは豊かなダイナミックレンジ性能を持っています。海外のミュージシャンやアーティスト、また、ミキシングエンジニアや音楽プロデューサーも、この程よいダイナミックレンジを大変高く評価しています。理由は、高音が強調されたり中音域が前に出過ぎたりということがなく、豊かな低音域から伸びやかな高音域まで、すべての音域を美しく再生再現してくれるからです。

音楽制作やミキシングをする際は、青帯が最適

そのことから、音楽をじっくりリスニングする時には、赤帯よりも青帯が好みとするファンが多いのです。赤帯の少し高音が強調されたキンキンするサウンドが、耳に張り付くようで聞いていて疲れやすい、と感じるミュージシャンもいます。また、全ての音域がバランス良く再現されるため、音楽制作やミキシングをする際は、青帯が最適であると高評価を受けています。それらが、海外は青帯、という理由と言われています。

実際に、私も赤帯と青帯を同時に所有しており、DTMやDAWなどで音楽制作をする際には、その制作過程において、それぞれのヘッドフォンを使い分けています。レコーディングする時は赤帯、再生してミキシング作業やリスニングテストをする時は、青帯です。

「SONY ( ソニー ) の MDR-7506」 を購入するならどこが良い?

さて、今回おススメとしてピックアップしたいこの青帯ですが、オーディオ製品を豊富に取り扱っている、大手家電量販店でも購入することが出来ます。ここで購入する際のメリットは、「試聴させてもらえるチャンスがある」ことです。

ネット通販時代でも、実際に装着して試聴できるのは、売り場の強みです。よろしければぜひ、赤帯と青帯を聞き比べてみて頂きたいです。赤帯の煌めきのサウンドは、それはとても刺激的です。一瞬で虜になるかもしれません。日本の音楽業界の標準機ですから、それもそのはずです。そして、青帯の洗練された再現性と心地よいバランス感覚。ご自身のフェイバリットソングの全てを、このヘッドフォンで聴いてみたい!と思わせてくれるでしょう。それほどに魅力的で最高のヘッドフォンです。

海外製品は、個性が強い!という声を耳にします。この趣向が理解できる人は、どうぞ愛機としてご利用ください。分からない人は結構です、みたいな。マニア度が高いです。日本製になると、ユーザーの反応を大事にして、より多くの人々に愛される製品を目指して製造されてることを実感できます。世界中のミュージシャンたちが、納得して愛用するヘッドフォン。それが、この「SONY の MDR-7506」なのです。

本物と偽物の違い

最近偽物が多く出回っている噂を聞きます、商品が確認できるなら違いを知っておいたほうが良いと思います、外部リンクになりますが下記の記事では本物と偽物の違いを紹介していますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

http://web1.kcn.jp/tube/MDR7506.html

「SONY の MDR-7506」はこんな人に使ってほしい

自分で制作した音楽をみんなに聞いてもらいたい!という人が増えてきました。これは、ボカロの影響も大きいでしょうし、プロレベルの音楽知識がなくても、気軽にイメージした音楽を形にできるツールが普及してきた背景もあると思います。安価なDTMソフトや便利なプラグインソフト、スマホでガレージバンドが利用できるのも大きな要因になっています。

みなさんがそれぞれの思いを込めて制作した歌や音楽を、世の中の多くの音楽ファンに聞いていただく前に必要なことが、サウンドメイクやミキシングに最適なヘッドフォン「青帯」で作業をすすめて、実際にご自身の耳で試聴し検証してみることです。

正確なバランスで再現され無駄に誇張することがないということは、クリエイターであるみなさんの感性を、リスナーにありのまま伝えてくれるということです。

思いや願いを込めた作品が、そのままお客様のお手元に届く。これは、とても大切なプロセスです。その前に、それが本物の「音」であるかどうか。それを確信に変えてくれるのが、『SONY の MDR-7506』です。

青帯は、日本が世界に誇る、最高のヘッドフォンであり、音楽を愛するみなさんにおススメしたい、最高の逸品です♪

ソニー(SONY)
¥10,400 (2022/05/18 18:00時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる